蝶よ花よと…
2017/03/25(Sat)
タイトルは女の子を慈しみ育てる言葉ですが
停滞中に書けなかった七十二候にちなんでつけました。

3月15日は、啓蟄の末候、立春から9番目の七十二候
「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」です。
青虫が紋白蝶になる頃。

3月20日は春分の日でした。
お彼岸の中日です。
春分の初候は立春から10番目の
「雀始巣(すずめはじめてすくう)」です。
雀が巣作りを始める頃。
鳥たちの繁殖期の始まりです。

そして、きのうから数日の七十二候は
春分の次候、立春から11番目の
「桜始開(さくらはじめてひらく)」です。
まさに今からの季節到来って感じですね。

桜(染井吉野)は、まだ咲いてませんが
菜虫化蝶から撮りためた花をフォトアップします。

先日、遠回りして桃の花を撮りました




サクランボも咲き始め


満開に


出先では大きな白木蓮が咲いて


可愛い山茱萸も


鉢植えの小さなムスカリも咲きました


畑ではチンゲン菜も咲いて
このお花はお彼岸のお墓参りでお供えしました


これから桜を始め、色々な花が咲いてきますね(*^^*)

花のフォトアップをしながら
私も停滞なんてしてないで動かなきゃと思いました!

うん、大丈夫♪
花が咲くという意味のはなえみですから~(^^)/
この記事のURL | 花・木 | ▲ top
桃始笑…
2017/03/14(Tue)
タイトルは七十二候、3月10日から数日は
啓蟄の次候、立春から8番目の
「桃始笑(ももはじめてさく)」です。

桃の花が咲き始める頃。

花が咲くことを「笑」といいます。
私のニックネームの「はなえみ」もその意味からつけました。

遠回りの道に桃の木を植えている場所があります。
遠回りをする時間もなかった5日間。

桃の花の代わりに、庭の片隅や鉢植えの花達を…。
次々と微笑んでいます♪

沈丁花


花月(金のなる木)


ラッパ水仙


ふきのとうも花芽が出てきました


あすは七十二候の「菜虫化蝶」です。
説明なくても字を見れば意味は分かりやすいですね。

そんな春らしい季節の言葉と裏腹に
強い寒気で真冬の寒さが続いています。

どなたさまもくれぐれもご自愛ください<(_ _*)>
この記事のURL | 花・木 | ▲ top
こぶしの木…
2017/03/11(Sat)
暖かくなったら白い花を沢山咲かせます。



黙祷…
この記事のURL | 花・木 | ▲ top
啓蟄…
2017/03/05(Sun)
きょうは二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」です。
七十二候の初候は立春から7番目
「蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)」です。

どちらの意味も
冬ごもりをしていた虫たちが地中から出てくる頃。
七十二候は「戸を啓いて顔を出す」という漢字が
使われています。

そんなきょうも暖かでした。
蚊のような小さな虫も飛んでいたそうです。

花達も咲いてきました。

出先の植え込みの「満作(まんさく)」


空き地の「大犬の陰嚢(おおいぬのふぐり)」


鉢植えの「木瓜(ぼけ)」白色が咲きました


そして、いつの間にかひとり生えで咲いていた「バイオレットクレス」
鉢に植え替えました


春ですね♪
これから色々な花が咲いてきます。
ワクワクする反面、年度末の慌ただしさも感じます。

どなたさまもご自愛ください<(_ _*)>
この記事のURL | 花・木 | ▲ top
雨水…
2017/02/18(Sat)
きょうは二十四節気の「雨水(うすい)」です。
雪が雨に変わる頃。

七十二候は4番目の「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」です。
雪がしっとりとした春の雨に変わり大地が潤い始める頃。

どちらも同じ意味ですね。

フォトは1月の終わりに花芽をつけた水仙のその後です。
朝7時に撮ったのですが
花開き、きのうの雨に濡れています。



暦は雪から雨に変わる言葉ですが
きょうは雨から雪になっているところが多いようです。

雪の多い地域のみなさま、どうかお気をつけて<(_ _*)>

春、早く来て欲しいですね。
この記事のURL | 花・木 | ▲ top
大寒波…
2017/02/11(Sat)
西日本から日本海側が大寒波に覆われています。

こちらは2cmくらいの雪ですが、大雪になっている地域のみなさま
どうかご安全にお過ごし出来ますようお祈りしています<(_ _*)>

真冬の気候が続く中
暦は春の言葉になっています。

2月8日から数日は七十二候の2番目
「黄 鶯 目見 目完(うぐいすなく)」です。

またまたスマホで出せない漢字お許しください<(_ _*)>

意味はその通り
山里で鶯が鳴き始める頃。

わが家も毎年、裏の竹藪に鶯が来てくれるのですが
今年はまだ鳴き声を聴きません。
鳴いてもカメラに納めるのは難しいですが(^_^;)

黄鶯とは朝鮮半島や中国に分布するコウライウグイスで
黄色がかった鶯のことらしいですが
鶯は撮れないので、黄色繋がりで
やはり中国原産の咲き始めた黄梅をフォトアップします。

中国では「迎春花」というそうです(8日撮影)


そして同じ花が…きょうは雪景色


これ以上被害が広がりませんように。。。
この記事のURL | 花・木 | ▲ top
1月も終わります…
2017/01/31(Tue)
きょうで1月も終わりですね。
忙しくしていましたが、なんとか穏やかに過ごせました。

そして、きのうから数日は七十二候の72番目
「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」です。

にわとりが鳥屋に入って卵を産み始める頃。
本来にわとりは春が近づくと卵を産みました。

2月4日は立春ですから、この「鶏始乳」が最後の七十二候になります。

にわとりのフォトはありませんが
今、満開の日本水仙のフォトを…。



立冬の頃の七十二候に「金盞香(きんせんかさく)」というのがありました。
金盞とは水仙のことです。
その時にフォトアップした水仙もやっと花芽が出ました。



水仙の季節、冬がもうすぐ終わります。
この記事のURL | 花・木 | ▲ top
1月17日…
2017/01/17(Tue)
あれから22年。

合掌



フォトは蝋梅(ろうばい)です。
花言葉は「慈しみ、愛情、慈愛」

寒い日が続いています。
暖かい日が早く訪れますように。。。
この記事のURL | 花・木 | ▲ top
晦日の紅葉…
2016/12/26(Mon)
きょう12月26日は七十二候の65番目
「麋角解(さわしかのつのおつる)」です。

麋は大鹿のことらしいです。
古い角を落として生え変わる頃。

鹿のフォトは撮れませんが、珍しいフォトを…
近くの緑地にある楓です。

今、紅葉真っ盛りです。















他の落葉樹は幹だけになっています。
この楓は秋の頃には、緑の葉を輝かせていました。

今年の秋の紅葉は色合いが少し残念でしたが
寒さの効果でしょうか、とても綺麗に色づいています。

次の七十二候は12月31日。

忙しい1週間が始まります。
今年の締めくくり、みなさまもお身体大切に。

では大晦日に~(^^)/
この記事のURL | 花・木 | ▲ top
ヒマラヤ雪ノ下…
2016/12/20(Tue)
タイトルのお花の前に季節のご紹介。

あすは、二十四節気の冬至ですが
12月16日からきょうまでは七十二候の63番目
「魚厥 魚 群(さけのうおむらがる)」です。

この「魚厥」の字は「魚へんに厥」と書きます。
一文字で「鮭」と同じ意味読みですが
私のスマホには選択に出てこないので二文字を組み合わせました。
苦肉のご紹介お許しくださいf(^_^;

鮭が群がって川を上る頃。

熊が冬眠前に川を上る鮭を食べる姿は
映像でもよく見ますね。

熊も鮭も撮れないので庭先の花を…

フォトは彩り少ない冬に可愛い花を咲かせてくれる「ヒマラヤ雪ノ下」です。



角度を変えて


名前にあるように、原産はヒマラヤです。
寒い冬にも強いお花です。

数日前は晴れて風が冷たい日々でしたが
きのうからお天気下り坂になり気温は上がっています。

気温差も大きいし、ウイルス性の風邪も流行っています。
どなたさまもお身体用心されて
12月後半乗りきってください<(_ _*)>
この記事のURL | 花・木 | ▲ top
| メイン | 次ページ